‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

寒いとエアコンは利かない、外気導入のススメ

2014/09/25

フルーツ01クルマに乗っているときには、いろいろな知識をもっておくと良いです。日常的な点検

やメンテナンスから、走行中のトラブルの解決方法を知っていると快適に運転をすること

ができます。特に冬場は、トラブルがおこる頻度が高く、その対処方法を熟知しておき

ましょう。

冬場の一番多いトラブルとしては窓ガラスが曇ることがあげられます。このときに、

通常であればエアコンを使って窓ガラスの曇りをとるでしょう。しかし、気温が低い

冬場は外との湿度の差によってガラスが曇ることが多発します。いっぱつではやく、

曇りをとるためには、外気導入が有効的です。外気取り込みのスイッチをおしてから、

しばらくすると曇りがとれてきます。少しの間は暖房がよわまることになりますが、

曇りをとることのほうが優先するといいでしょう。

寒いときには、内気循環ができないときもあるのでそういった場合も窓をあけてから

空気の入れかえをするといいでしょう。寒い時期にクルマに乗ることが多い人は、

除湿や曇りを止める方法をしらないとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

心配な人は、曇り止めのスプレーを窓ガラスに吹きかけているといいでしょう。

いろいろな対策を施して、楽しいドライブをしましょう。

曇り止めの代用は中性洗剤がおすすめ

2014/09/25

車を運転している時に困るのものにガラスの曇りがあります。ガラスが曇ってしまい前後

や横がよく見えない状態での運転は大変危険なので、ガラスが曇らないようにしておくこと

が大切になります。

ガラスが曇らないようにするための用品として、カー用品店やホームセンター、

インターネット通販などでさまざまな商品を購入することが出来ますが、価格や効果

などそれぞれ違いますので、インターネットの比較サイトや実際に使っている人の

口コミなどを参考にした上で購入しておくのがおすすめです。

しかしこうした商品が手元に無かったり、ちょうど切れてしまっている状況では、

台所などで使っている中性洗剤を使ってガラスの曇りを防止する方法があります。

中性洗剤を薄めたものにきれいなタオルなどを浸し、よく絞ってガラスを拭くように

することで代用することが可能です。

ただし、薄めずに使用してしまった場合は曇り防止になるどころかかえって見にくく

なってしまう場合があるので注意が必要です。また、使う洗剤によってはあまり効果が

見られない場合もありますし、あくまでもきちんとした曇り止めの商品を購入するまで

の一時的な代用として考えるようにした方が良いでしょう。

ガラスの曇りで前が見えないときの対処法について

2014/09/25

自動車は日々進化していてとても快適に走行できるようになってきました。

それは走行性能だけでなく室内の環境もとてもよくなり、広く快適な空間をもった

自動車が増えてきています。

またほとんどが自動化されてきて、運転手はメーターなどのパネル類でその状況を確認

していますが、場合によっては自分で判断して操作する必要があります。

例えばガラスの曇りで前が見えにくくなる場合があります。雨の日など室内がそのよう

な状況になる場合があります。

また冬の寒い日などでも起こることもあります。

いずれも湿気が窓について細かい水滴となっている状態なのです。

この水分の原因は濡れたものを室内に入れる場合や湿気が多い状態ということで室内に

人数が多くいる場合も同様のことが起こります。

このような場合の対処法としてはまずエアコンが入れるということです。エアコンは

その名のとおりエアコンディショナーの意味なので室内の湿気を取り除いてくれるので

す。それでほとんどの場合は対処できますが、フロント部分の曇りが取れないといった

場合はエアコンの吹き出しを調整することで解消することができます。

エアコン吹き出しは基本的にフロント上部、上部、足元となっているのでフロント上部

に変えることでとることができます。

停車して点検

2014/09/25

エンジンルームは動力源として走行に関わる重要な装置類が集積している場所ということ

もあり、普段耳にしない異音が聞こえてきた場合は、すぐに安全な場所に停車して点検

しなければいけません。

車を停止させた後はボンネットを開けて異音の原因を探します。異音の原因として考え

られるのはベルト類の損傷です。エンジン付近には発動機やコンプレッサーをなどを

駆動するための複数のベルトが存在しており、これが切れていると大きな音を発生させ

るのです。走行中に突然ハンドルが重くなったり、運転席前のインパネの警告灯が点滅

したりした場合はベルト切れの可能性が高くなります。

ベルトではなくエンジンそのものから異音がしている場合は、オイル切れによる焼き

つきが発生している可能性などがあり、トラブルの規模としては大きなものとなること

が多いため、無理して走行を続けることはせず、すぐにロードサービスなどを利用して

助けを呼ぶ必要があります。

ベルト類に関するトラブルの中には、近くの整備工場までの短い距離なら車を走行させる

ことが可能な場合もありますが、そのような判断はある程度車についての知識を持った

人でなければ難しいものです。ダメージを拡大させないためにも、少しでも不安がある

のであればためらうことなくロードサービスを利用することが重要です。

ヒューズボックスを確認する

2014/09/25

自動車には、数多くの電装品が装備されていて、さらに、車両に関する情報を収集して、

コンピューターにて演算処理を行っています。これらには、すべて電気が必要です。

多くの電装品が使われていると、経年劣化や、コードの挟み込みによるショートが起

こる可能性があります。

ショートを放置していれば、最終的には火災が発生する場合もあります。

そんな時に、電装品のショート、トラブルによる過電流を車両側へ伝えない役目をして

いるのがヒューズです。そして、そのヒューズを集中的に配置している部品がヒューズ

ボックスになります。たとえば、自分で自動車をメンテナンスしていて、間違って配線

をショートさせてしまった後に、電装品が動作しなくなった場合や、走行中にエンジン

ルームから異音が発生して、その後何らかの電装品が動作しなくなった場合は、慌てず

に、先ずヒューズの状態を確認しましょう。車内の電装品関係は、助手席の足元に

ボックスで設置されていることがほとんどで、エンジン関係のヒューズは、エンジン

ルームのバッテリーの傍にボックスが設置されていることが多いです。もしヒューズが

溶断していても、すぐにヒューズを新しいものにするのではなく、その原因を掴み、

解決することが重要です。

エンジンルームから異音がした時のメンテンナンス

2014/09/25

クルマに乗るときには、ある程度の知識があるとメンテナンスを行ったり、小さな異変

に気付くことができます。小さな異変は故障をするまえの前兆なので、見逃さないよう

にしないといけません。特に走行中に異常を感じたら、すぐに点検をするのが良いで

しょう。

走行中にエンジンルームから異音が聞こえることがあります。エンジンは走るための

メインの部品なので、いったんクルマを停止させえて点検をしましょう。以上は音に

よって異なるので、走行中の音をしっかりと聞くとある程度の原因をしることができ

ます。エンジンオイルが少なくなったり、汚れていると金属同士の潤滑油をする働きが

なくなるため摩擦が起きて音が発生することがあります。また、冷却水が少なくなると、

オーバーヒートになり音だけでなく水温計が上昇します。こういった、症状も夏場に

良く見られることです。点火プラグに異常があるときにも、異常な音が発生するので気

をつけましょう。

ボンネットを開けてみても、自分で判断ができないときには近くの整備工場にもって

行きましょう。信頼ができる向上があれば、良質なサービスを受けることができます。

クルマは一生つきあっていくものなので、一軒くらい信頼ができる向上を知っておきま

しょう。

ホーンが鳴るかで自動車の症状診断する方法

2014/09/25

フルーツ02車を所有しているなかで、最も恐ろしい自動車のトラブルは何かと言えば、エンジンが

かからなくなることです。今まで何の問題もなくかかっていたのに、ある朝、ある日、

突然エンジンがかからなくなったとしたら、パニックに陥ります。特に時間が決まって

いる時などは仕事に支障が出る場合も考えられます。エンジンがかからなくなる理由

はいくつか考えられます。例えば燃料切れです。燃料は入っていたはずだとすれば、

燃料ポンプの故障も考えられます。あるいは点火プラグそのものが故障していたり、

点火コードの断線も可能性としては考えられます。ただ、最もありがちな原因は

バッテリー上がりです。そしてその症状から原因を探り当てるためにいくつかの方法が

あります。その一つがホーンが鳴るかどうかということです。クラクションは他の系統

から独立して直接バッテリーから電源を取っていますので、エンジンがかかっているか

否かに関係なく、バッテリーの状態を知ることができるのです。もしクラクションボタン

を押してもクラクションが鳴らないのであれば、それはバッテリーがあがってしまって

いることの証明になります。逆にもしクラクションが鳴るとしたら、バッテリー以外の

原因を疑ってみる必要があります。むしろその方が故障としては深刻な故障かもしれま

せん。

ジャンピングケーブルを使った方法

2014/09/25

車のエンジンが掛からない時、バッテリー上がりが原因の1つとして考えられ、他の車

から電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させる事ができ、これをジャン

ピングスタートと呼びます。

ジャンピングスタートは、ジャンピングケーブルと、救援車があればできるのですが、

ケーブルの被膜の破損や断線、バッテリーの端子を挟むクリップ部分にガタがないかなど

を点検する必要があります。

方法は、双方の車のバッテリー搭載位置を確認し、ケーブルが届く距離まで車を近づけ、

エンジンを停止します。

赤いケーブルはプラス端子、黒いケーブルはマイナス端子に接続するのですが、

バッテリーの上がった車のプラス端子を接続し、次に救援車のプラス端子を接続し、

救護車のマイナス端子を接続し、バッテリーの上がった車のマイナス端子または

エンジンの金属部分に接続します。

各接続が終わったら、救援車のエンジンを掛けてアクセルを踏み、エンジン回転数

を高く保ち、救護車の発電量を増やします。

次に、バッテリーの上がった車のスターターを回し、エンジンが始動したら、ケーブル

を繋いだ時の逆の順番で取り外して、作業は終了となります。

もし、ジャンピングスタートしてもエンジンが掛からない場合は、バッテリーの寿命や

発電機の故障などが考えられますので、ディーラーや修理工場などで点検が必要にな

ります。

自動車のエンジンが掛からないときの対処法

2014/09/01

いちご最新の自動車では、突然エンジンが掛からなくなるという事は少なく

なりましたが、実際にそうなってしまった場合はかなり慌ててしまします。

その場合に気をつけたいのは、やみくもにセルモーターを作動し続けない事です。

原因が他にある場合は、いくらセルモーターを回しても掛からないです。

セルモーターは作動時に大電流を消費しますので、短時間でバッテリーが

消耗してしまいます。エンジンが作動する条件は、燃料が

来ている事、混合気が充分に圧縮されている事、火花にて着火できる事の3点です。先ず、

簡単な燃料切れと火花の確認を行います。イグニッションキーをONにすると燃料ポンプ

が作動する音が聞こえる事を確認します。音がしている場合は、燃料ゲージを確認して

みます。次に、スパークプラグの火花を確認します。スパークプラグを外して、コード

を装着して本体をブロックに接触させてセルモーターを動作させると、正常ならば火花

が飛びます。圧縮の確認は難しいので、その前にヒューズボックスを確認して、切れて

いるヒューズがないか確認します。コンピューター制御の車は、センサーの一つでも

異常が発生すると、セーフ機能が働いて、作動しなくなるからです。