エンジンルームから異音がした時のメンテンナンス

クルマに乗るときには、ある程度の知識があるとメンテナンスを行ったり、小さな異変

に気付くことができます。小さな異変は故障をするまえの前兆なので、見逃さないよう

にしないといけません。特に走行中に異常を感じたら、すぐに点検をするのが良いで

しょう。

走行中にエンジンルームから異音が聞こえることがあります。エンジンは走るための

メインの部品なので、いったんクルマを停止させえて点検をしましょう。以上は音に

よって異なるので、走行中の音をしっかりと聞くとある程度の原因をしることができ

ます。エンジンオイルが少なくなったり、汚れていると金属同士の潤滑油をする働きが

なくなるため摩擦が起きて音が発生することがあります。また、冷却水が少なくなると、

オーバーヒートになり音だけでなく水温計が上昇します。こういった、症状も夏場に

良く見られることです。点火プラグに異常があるときにも、異常な音が発生するので気

をつけましょう。

ボンネットを開けてみても、自分で判断ができないときには近くの整備工場にもって

行きましょう。信頼ができる向上があれば、良質なサービスを受けることができます。

クルマは一生つきあっていくものなので、一軒くらい信頼ができる向上を知っておきま

しょう。

コメントは受け付けていません。