ガラスの曇りで前が見えないときの対処法について

自動車は日々進化していてとても快適に走行できるようになってきました。

それは走行性能だけでなく室内の環境もとてもよくなり、広く快適な空間をもった

自動車が増えてきています。

またほとんどが自動化されてきて、運転手はメーターなどのパネル類でその状況を確認

していますが、場合によっては自分で判断して操作する必要があります。

例えばガラスの曇りで前が見えにくくなる場合があります。雨の日など室内がそのよう

な状況になる場合があります。

また冬の寒い日などでも起こることもあります。

いずれも湿気が窓について細かい水滴となっている状態なのです。

この水分の原因は濡れたものを室内に入れる場合や湿気が多い状態ということで室内に

人数が多くいる場合も同様のことが起こります。

このような場合の対処法としてはまずエアコンが入れるということです。エアコンは

その名のとおりエアコンディショナーの意味なので室内の湿気を取り除いてくれるので

す。それでほとんどの場合は対処できますが、フロント部分の曇りが取れないといった

場合はエアコンの吹き出しを調整することで解消することができます。

エアコン吹き出しは基本的にフロント上部、上部、足元となっているのでフロント上部

に変えることでとることができます。

コメントは受け付けていません。