ジャンピングケーブルを使った方法

車のエンジンが掛からない時、バッテリー上がりが原因の1つとして考えられ、他の車

から電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させる事ができ、これをジャン

ピングスタートと呼びます。

ジャンピングスタートは、ジャンピングケーブルと、救援車があればできるのですが、

ケーブルの被膜の破損や断線、バッテリーの端子を挟むクリップ部分にガタがないかなど

を点検する必要があります。

方法は、双方の車のバッテリー搭載位置を確認し、ケーブルが届く距離まで車を近づけ、

エンジンを停止します。

赤いケーブルはプラス端子、黒いケーブルはマイナス端子に接続するのですが、

バッテリーの上がった車のプラス端子を接続し、次に救援車のプラス端子を接続し、

救護車のマイナス端子を接続し、バッテリーの上がった車のマイナス端子または

エンジンの金属部分に接続します。

各接続が終わったら、救援車のエンジンを掛けてアクセルを踏み、エンジン回転数

を高く保ち、救護車の発電量を増やします。

次に、バッテリーの上がった車のスターターを回し、エンジンが始動したら、ケーブル

を繋いだ時の逆の順番で取り外して、作業は終了となります。

もし、ジャンピングスタートしてもエンジンが掛からない場合は、バッテリーの寿命や

発電機の故障などが考えられますので、ディーラーや修理工場などで点検が必要にな

ります。

コメントは受け付けていません。